2020年度は100コマの授業をすべてオンラインで行いました。2021年度に関しては第1週ガイダンスはZoom開催、第2週共通授業はITC-LMSを利用したオンデマンド学習とビデオ会議システムを使った授業参加のトレーニング期間とする予定です。

第3週以降の少人数個別授業に関しては、各回につきまして≪オンライン・対面≫のいずれかの形式になります。オンラインがベースで、対面での作業が必要な授業について、数回の対面の授業回がある程度であるとお考え下さい。 教室は、換気の確保できる21 KOMCEE Westおよび17号館KALSのスタジオ教室を利用します。
情報教育棟は他授業で使用するため、利用できません。1日当たり、対面授業を実施できる上限がありますので、その上限と授業運営上の必然性を勘案して、教室の割り振りを行います。 そのため、授業によっては対面授業開催週によって異なる教室が割り当てられる可能性があります。ITC-LMS/UTASや担当の先生からの連絡によく注意していて下さい。

対面授業の回は、教員・学生は教室への参集が原則となりますが、健康上の問題などで一部の学生がオンラインで参加する場合は、対面授業・オンライン接続の両方を同時に行うハイフレックス授業を行うことになります。その場合は、ハウリングを防ぐため、用意しているオンライン会議用のマイクとスピーカーを使用して下さい。非常勤講師控室で貸し出しを行っています。 (2021年1月21日)

教室配置

駒場Iキャンパス建物配置図
K○○○(K303など) 21 KOMCEE West
KALS 17号館2F
生産研As, S棟 駒場Ⅱキャンパス 生産技術研究所