FYS portal/ITC-LMS

FYS portal(本サイト)は国立情報学研究所で開発されたCMSであるNetCommonsを利用して運用されています。

ITC-LMSとの違い
情報基盤センターが提供しているITC-LMSは、授業単位で教員・履修学生・TA間が情報交換をしたりファイルをやりとりしたりするために利用します。


共通アカウント(UTask-Web、UTmateと同じ)でログインできます。

このITC-LMSに対し、本FYS-portalは授業を縦断した教員・TA間の情報共有のため、また全履修学生に対し主に動画教材を配信するために教養教育高度化機構 初年次教育部門により設置されました。




授業代表教員向け情報
授業代表教員は、ITC-LMSの各授業のページにアクセス後、左メニューの コース参加者登録 より、TAや分担教員に授業ページのへのアクセス権を与えることができます。
登録対象者は、氏名や共通IDで検索・登録ができます。
確認・確定画面と2段階の確認が必要ですのでご注意下さい。

  1. ITC-LMSにログインし、時間割から編集を加えたい授業をクリックします。
    コース設定で履修者範囲設定で「履修登録者+仮登録者」が選択されていることを確認します。
    左メニューのコース参加者登録をクリックします。


  2. 教員検索をクリックします。TAの場合は「学生検索」を実施して下さい。


  3. 登録したい教員の名前を入力し検索します。
    複数のIDが表示された場合、共通ID(10桁の番号)を選んで下さい。
    「コース管理者」もしくは「コース管理補助者」を選択し、指定をクリックします。


  4. この時点では、新しいユーザーはまだ登録されていません。
    確認画面に進むをクリックします。


  5. 新しいユーザーを確認してよいか、確認画面が出ます。
    登録するをクリックして終了です。



詳しい利用法は、ITC-LMSログイン後画面右上の利用マニュアルをご参照下さい。