UTASの基本的な使い方

履修者名簿を取得する

各授業の履修者確定(授業第2週中)後、UTASから履修者名簿を取り出すことができます。
 履修学生の共通IDもこちらから確認できます。 

各授業のタイトルをクリックすると、授業ポートフォリオが開き、ご担当授業に関する情報の閲覧・編集ができます。

履修者数 、および「お知らせ」の送付先

授業ポートフォリオから、履修学生のメールアドレスに対しお知らせを送信することができます。
休講・補講の手続きもこちらで完了することができます。


UTASで表示される履修者数 、および「お知らせ」の送付先は、抽選登録期間中は、その授業を「お気に入り」に登録した学生であり、確定した履修者数ではありません。
履修者確定後も、「お気に入り」に登録した学生の数が残っていることがありますが、履修者名簿には実際に履修する学生名が反映されています。

* 初年次ゼミナールの履修者確定後も、他の前期課程の授業すべての履修が確定(5月初旬)するまでは、「履修者数」および「お知らせ」の送付先に含まれる学生は、お気に入り登録の情報が残っています(履修確定者と一致しない期間があります)。
* 履修者名簿は個人情報を含みますので、画面共有で授業参加者に閲覧させるなどはなさらないようにお願いいたします。

  • ITC-LMS側のコース登録者一覧は、UTASの「お気に入り登録」の学生が1日遅れで反映されたものです。こちらも全授業の履修者が確定しないと、正しい履修者名簿と内容が一致しませんが、ITC-LMに関してはコース登録者の情報を代表教員が自ら修正することもできます。