初年次ゼミナールとは

 初年次ゼミナールは、「学部教育の総合的改革に係るアクションリスト」で掲げられている、『「教え授ける」(ティーチング)から「自ら学ばせる」(ラーニング)への転換』を目指した取り組みの一環として設計された少人数チュートリアル授業であり、学生に基礎となる学術的スキルを早期に習得させるとともに、学士課程全体を通して能動的な学習への動機づけを図ることを目的としています。具体的には、1クラス20名程度の規模で、教員と学生がお互いに顔の見え合う、よりきめ細かな指導によるチュートリアル方式の授業を通して、受動的な知識を授かる形での学びの意識を変革して、自発的に学習する姿勢の涵養を目指します。

 初年次ゼミナールは、文系理系ともにすべての学生が受講しなければいけない、基礎科目必修2単位の授業で、第1セメスター(第1・第2ターム連続)に開講されます。文系理系の多様な分野の教員が1週間の曜限のなかで、多様な分野の課題に即した授業を展開します。学生がどの授業を受講するかは選択制で、各担当教員が専門性を活かした授業内容をシラバスに詳しく記し、学生はその情報にもとづいて、クラスごとに指定された曜限に開講される授業の中から、履修したい授業を複数登録します。

 理系については、いままでに前例のない授業であり、教養学部の理系教員だけで担当することは不可能なため、全学の理系学部・研究科、研究所に、授業担当教員の派遣という協力を要請しています。すべての授業が備えるべき必須事項としては、①サイエンティフック・スキル(自然科学における基礎的な研究技法)の教授、②アカデミック体験(教員の専門性を活かした自然科学の学問への導入)、③グループによる協同学習、④プレゼンテーションやレポート・論文による発表の4点が挙げられます。


 この授業の学習成果は、その後の英語ll での論文作成を行なう授業であるALESS (Active Learning of English for Science Students) 、第3ターム以降に習熟度別授業として開講される展開科目(「自然科学ゼミナール」)、基礎実験、海外留学など、そしてさらに後期課程における専門的な学びへと継承され、以後の学生生活の基礎として位置づけられます。